jokogumo photo

jokogumo webshop で扱う商品の写真 +α
BG-B012 山葡萄のバッグL(秋田)



NO.BG-B012 山葡萄のバッグL 
●秋田
●size W 35cm × D 10cm × H 26cm (持ち手含まず)
持ち手:付け根から1番上=12cm 
※サイズは底部分を測っています 

秋田県で作られている山葡萄のバッグです。斜めになったあじろ編みとパタンと倒れる持ち手が特徴。A4サイズのファイルや雑誌も入るたっぷりサイズ。


比較的大きなサイズですが気になる重さも問題なし。(ものによりずっしり重いものもありますがjokogumoではあまり重いものは扱わないようにしています)


横からみたところ。新しいのでふっくらとしていますが使い込んでいくとすっきりとしてきます。






手に持つとこんな感じ。大きめと言ってもこのくらいなら普段使いにも出来る大きさ。いつもの持ち物と、買ったものもバッグイン出来ます。



そしてこちらは同じバッグをお持ちのお客様がとても素敵で撮らせていただいたもの。これを見るとこのサイズ欲しくなります…
 
| 山葡萄のバッグ | 06:52
BG-B012 山葡萄のバッグL薄型 (秋田)

 

NO.BG-B012
山葡萄のバッグL
●秋田
●size W 35cm × D 8cm × H 26cm (持ち手含まず)
持ち手:付け根から1番上=2cm
※サイズは底部分を測っています

秋田で作られている山葡萄のバッグです。斜めになったあじろ編みとパタンと倒れる持ち手が特徴です。


横から。マチが8cmと薄型です。通常のものとたった2cmの違いですがこのように印象がずいぶんと変わります。




PCやA4ファイルも入ります。仕事にこういうバッグを持っていくのも素敵ですし、この形なら男性でもかなりおしゃれに持てそうです。

こうして見ると素材の色が少し薄いヒゴがあります(わかるでしょうか?)。使っているうちに色は馴染んでくると思いますが、この状態でもちくちくハンドステッキのような魅力があります。

色の薄いところを見ると、ヒゴはまっすぐでなくゆらぎがあるのがわかりますね。深山にて自然にまっすぐ長く伸びた山葡萄の蔓を見つけ、それを揃えて材料にするのは大変なこと。大きなサイズのバッグはその分長いヒゴが必要になるので材料選びも簡単ではありません。そういうことを教えてくれるバッグというのもいいもの。自然の恵み。



手に持つとこんな感じ。スリムですが持ち手も開くし素材に弾力があるので出し入れに不自由はありません。大人っぽいかごバッグです。

くらしの知恵と道具 jokogumo そのほかの素材のバッグ
 

| 山葡萄のバッグ | 06:29
BG-B011 山葡萄のバッグM(秋田)


NO.BG-B011
山葡萄のバッグM 
●秋田
●size W 30cm × D 10cm × H 22.5cm(持ち手含まず)
持ち手:付け根から1番上=11.5cm
※サイズは底部分を測っています
 

秋田で作られている山葡萄のバッグです。オーソドックスなあじろ編みですが、対角線にして編まれているのがこの作り手さんのものの特徴です。弾力もあり、見た目もどこか軽やか。


横から。胴がふっくらとしていますが使っていくうちにすっと馴染んできます(ふっくら感がなくなってくる)。


持ち手はパタンと倒れます。





手に持った感じはこのくらい。荷物が多くなりがちな方のお出掛けにもちょうどよい大きさ。お財布にケータイ、手帳に化粧ポーチが入って、ちょっとしたものであればお買い物した商品もここに入れて帰れます。私はだいたい荷物に何かしらの布が入っているので、割れ物なんかはそういうのに包んでもらってバッグにIN。かごバッグだと壊れ物も案外安心です。

はじめは素材の色むらが感じられますが使うほどに気にならなくなってきます。持ち手、縁、本体、どんどんと色艶が増してきます。素材の良さには年月とともに納得。秋田の山の豊かさが感じられる、間違いのないバッグです。

くらしの知恵と道具 jokogumo そのほかの素材のバッグ

 
| 山葡萄のバッグ | 04:46
BG-B010 山葡萄のバッグS(秋田)

BG-B010  山葡萄のバッグS

●秋田
●size W 25cm×D10cm×H17cm (持ち手含まず)
持ち手:付け根から1番上= 11.5cm

※サイズは底部分を測っています

秋田で作られている山葡萄のバッグです。オーソドックスなあじろ編みですが、対角線にして編まれているのがこの作り手さんのものの特徴です。弾力もあり、見た目もどこか軽やか。


定番の大きさですが今回入荷のものはほんの少し(2cmくらい)低めに仕上がっています。これはこれでかわいらしいバランスです。高さのないものはモダンというかよりカジュアルな印象になりますね。


横から。はじめは胴がふっくらしていますが使っているうちにすっと馴染んできます。


 
持ち手がパタンと倒れて便利。


手に持ったときのサイズの参考にしてください。お財布、ケータイ、手帳、化粧ポーチなど、お出掛けに必要なものは一通り入ります。

山葡萄ははじめは乾いた感じがしますがとにかく使うほどによい色艶に育ちます。手軽に持てる大きさなので使いやすくあっという間に自分だけのバッグに育ちそうです。以前店を手伝ってくれていたスタッフが【かごバッグと言えばこれ】って具合で本当にいつもいつも持っていて、それはもう素晴らしい色艶でした。素材のよいものを大切に使っていく醍醐味です。


ちなみにこちらはまた別のお客様のものですが、これまた見事な成長っぷり!



くらしの知恵と道具 jokogumo そのほかの素材のバッグ

 

| 山葡萄のバッグ | 04:40